がんの早期診断・治療ほか高齢者疾患を中心に地域に根づいたふれあいの医療を目指しています。

個人情報保護方針

個人情報保護法施行に伴う当院の対応について

 急速な情報化の進展に伴い、個人情報の流出が新聞・テレビ等で報道されています。
大量の個人情報流出でプライバシーの保護に関する国民の不安も増大しました。このような社会情勢のなか、平成17年4月1日付で「個人情報の保護に関する法律」が全面施行されました。
 「個人情報」とは氏名・住所等の特定の個人を同定できる情報のことです。医療機関においては医療の性質上、利用者やそのご家族について他人が容易に知り得ない「個人情報」を知る立場にあり、医療チーム、他機関の関係者などと情報共有し、効果的な医療の実践をすることが多々あります。医療従事者は従来、専門職として当然の倫理的要請として秘密保持を守ってきました。医療は、個人のさまざまな状態の観察や、問題を積み重ねてこそ解決策が得られるものです。言い換えますと患者さんのプライバシーと深く関わらなければ健康上の問題を解決することは困難となります。

 当院は「良質な医療を誠実に提供する」という理念のもと、地域の医療機関として、地域の皆様から求められる医療を責任をもって提供できるよう努めてきました。今後も、信頼される病院として「個人情報」を正確かつ安全に取扱い保護することを社会的責務と考え「個人情報保護方針」を定め確実な履行に努めます。「個人情報」は診療・看護など医療に関わる範囲で収集し、当院での利用目的の詳細は院内掲示でお知らせしています。
 医療の安全性確保のために、氏名の確認作業は重要です。たとえば外来等での氏名確認のための呼名や、病室における氏名の掲示が望ましいと考え当院は継続しております。呼名や氏名掲示を望まない場合はお申し出ください。また電話取次ぎや面会者からの部屋番号の問い合わせについても回答を望まない場合はお申し出下さい。

 ご質問やご相談は、各部署責任者または当院事務部 「総務課個人情報相談窓口」 をご利用ください。