がんの早期診断・治療ほか高齢者疾患を中心に地域に根づいたふれあいの医療を目指しています。

緩和ケア外来

常勤医師


亀井滝士

専門領域:消化器疾患、乳腺疾患
認定資格
日本外科学会 外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
マンモグラフィ読影認定医
ICD感染制御医
日本DMAT隊員
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会修了




非常勤医師

樋口文宏

専門領域:心療内科

その他の職種

医師   看護師   薬剤師   MSW 他

緩和ケア外来とは

がんの診断を受けている方を主に、体や心の苦痛など、がん診療のすべての経過で経験する様々な苦痛に対して、治療といっしょに考え、対応致します。
緩和ケアは終末期がん医療と理解される傾向にありますが、がんと診断された時から緩和ケアははじまっています。がん治療を受けながら、あらゆる経過中で経験する様々な苦痛緩和の相談をお受けします。

診療状況

緩和ケア外来では、次のような内容について対応しています。
・がんによる痛み腫瘍
・消化器症状(吐き気、食欲不振)
・呼吸困難
・倦怠感
・精神的苦痛など  の症状に対応します。
※緩和ケアチーム(医師、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカーなど)による
 チーム医療で患者様とご家族の相談に応じます。
※院内の担当医や地域のかかりつけ医と連携をとり、協力しながらきめ細やかに
 対応します。

受診の手続き

1.当院にがんで通院中の方は、担当医に緩和ケア外来の受診希望の旨をお伝えください。
 その後、担当医より緩和ケア外来の受診の手続きを行います。
 当院で受診されていない方は、現在受診している医療機関に相談ください。受診してい
 る医療機関より当院地域連携室に連絡して頂いた後、受診の手続きを行います。
2.予約日時に受付で手続き終了後、緩和ケア外来診察室にお越しください。

※当院の緩和ケア外来は診察に時間を要しますので、完全予約制とさせていただいており
 ます。予約のない方は来院されましても受診できない場合がございますので、受診にあ
 たっては必ず予約をお取り頂くようお願いします。

『緩和ケア外来のご案内(PDF)』
『緩和ケア外来のご案内医療機関の方へ(PDF)』
『緩和ケア外来紹介用質問票(PDF)』