がんの早期診断・治療ほか高齢者疾患を中心に地域に根づいたふれあいの医療を目指しています。

外科


副院長 安藤靜一郎

専門領域:消化器疾患、乳腺疾患
認定資格
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会認定医
麻酔科標榜医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了



副院長 山本達人

専門領域:消化器疾患、 乳腺疾患、 呼吸器疾患
認定資格
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
外科周術期感染管理認定医・暫定教育医
ICD感染制御医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
日本DMAT隊員
マンモグラフィ読影認定医
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了



北村義則

専門領域:消化器疾患、 乳腺疾患
認定資格
日本外科学会 外科専門医
マンモグラフィ読影認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了



坂本和彦

専門領域:消化器疾患
認定資格
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本肝胆膵外科学会 高度技能専門医
日本外科感染症学会 外科周術期感染管理認定医・教育医
日本外科感染症学会 感染制御医
日本肝臓学会 肝臓専門医
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了



亀井滝士

専門領域:消化器疾患、乳腺疾患
認定資格
日本外科学会 外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
マンモグラフィ読影認定医
ICD感染制御医
日本DMAT隊員
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会修了


西村謙祐

専門領域:一般外科
認定資格
日本内科学会認定内科医


德久晃弘

専門領域:消化器疾患、乳腺疾患
認定資格
マンモグラフィ読影認定医




診療方針


標準的な癌治療、外科治療の実践

診療状況

 外科では、消化器疾患、乳腺疾患を中心に体表疾患、呼吸器疾患、甲状腺疾患、腹部・胸部外傷まで幅広く診断・手術を中心とした治療を行っています。また、当科の特徴として消化器内視鏡検査や内視鏡治療を実践していることが挙げられます。消化器疾患は、消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、胆嚢がん、胆管がん)をはじめ、胆石症、虫垂炎、腸閉塞、肛門疾患の手術を行っています。いち早く胆石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術を導入したのを皮切りに、虫垂炎、ヘルニア、胃がん、大腸・直腸がん、食道がん、腸閉塞、胃食道逆流症、肝のう胞等に鏡視下手術を行っています。最近では、胆石症、急性虫垂炎には単孔式腹腔鏡手術(お臍の穴一箇所の創で行う)を、胃がん、大腸がんには手術創の数を減らした腹腔鏡手術(reduced port)を導入しています。
 乳腺疾患は、乳がんの診断・手術・化学療法を中心に行っています。乳がんに対する乳房温存療法を早くから導入しています。また、最近ではセンチネルリンパ節生検を導入し、さらに低侵襲な治療を目指しています。マンモグラフィー読影認定医や撮影認定技師を含む放射線科や超音波検査技師、病理細胞検査士と乳腺チームを構成し早期診断を行っています。呼吸器疾患は、気胸、嚢胞性肺疾患、肺腫瘍に対して胸腔鏡下手術を行っています。
がんに対する化学療法はがん治療認定医を中心に専任薬剤師や専任看護師の協力のもとに実践しています。
 また、感染制御、NST、緩和ケア、DMAT等のチーム医療の中核を外科が担っています。

消化器癌・乳癌の治療状況


食道癌
1)内視鏡的治療 EMR⇒ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)
2)化学療法
3)手術療法 開胸手術・胸腔鏡下食道切除
4)食道ステント留置術
5)緩和ケア

胃癌
1)内視鏡的療法 EMR⇒ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)
2)化学療法
3)手術療法 開腹手術・腹腔鏡補助下胃切除
4)緩和ケア

大腸癌
1)内視鏡的治療 EMR
2)化学療法
3)手術療法 開腹手術・腹腔鏡下大腸切除
4)緩和ケア

肝臓癌
1)PEI(経皮的エタノール注入療法)
2)RFA(ラジオ波凝固焼灼療法)経皮的、腹腔鏡下、開腹下
3)手術療法
4)緩和ケア

胆道癌
1)化学療法
2)胆管ステント留置術
3)手術療法
4)緩和ケア

膵臓癌
1)化学療法
2)膵管ステント、胆管ステント留置術
3)手術療法
4)緩和ケア

乳癌
1)手術療法 乳房温存療法・センチネルリンパ節生検
2)化学療法
3)ホルモン療法
4)緩和ケア

放射線治療が必要な場合は近隣の医療機関と連携をとり紹介をしています。

癌に関する臨床研究・臨床試験の状況


胃がん
  1. 切除不能・再発胃癌に対するパクリタキセルと5´-DFUR併用療法の第Ⅱ相試験(山口大学消化器・腫瘍外科)
  2. 進行再発胃癌に対するTS-1単独療法/TS-1+レンチナン併用療法による第Ⅲ相試験(JFMC36-0701:がん集学的治療研究財団)
  3. 進行・再発胃癌に対するTS-1隔日投与法+レンチナン併用療法を検証する第Ⅱ相試験(山口大学消化器・腫瘍外科)

大腸がん

  1. 進行再発大腸癌に対するCPT-11と5´-DFUR併用療法の遺伝多型に基づく第Ⅱ相試験(山口大学消化器・腫瘍外科)
  2. 術後補助化学療法におけるフッカピリミジン系薬剤の有用性に関する比較臨床試験(治癒切除後直腸癌に対するUFT療法とTS-1との比較研究(JFMC-35-C1(ACTS-RC):がん集学的治療研究財団)
  3. 進行・再発大腸癌に対するmFOLFOX 6療法と新規エピトープペプチドカクテル療法の併用効果を検討する多施設共同第Ⅱ相臨床試験(山口大学消化器・腫瘍外科、東京大学医科学研究所)
  4. StageⅡ/StageⅢ結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6療法の認容性に関する検討(JMFC41-1001-C2:がん集学的治療研究財団)
  5. 大腸癌に対するPSK有効症例指標の探索に関する無作為比較試験2次研究  (山口大学消化器・腫瘍外科)
  6. 切除不能・進行再発大腸癌に対する2次治療としてのTS-1+CPT-11+α(Panitumumabu/Bevacizumab)併用療法の有効性、安全性を検討する第Ⅱ相試験(UGT1A遺伝子多型と下痢の相関の検討)
  7. EGFR陽性及びKRAS codon G13Dの進行・再発の結腸・直腸癌に対するBSCとCetuximabとIrinotecan+Cetuximab併用療法のランダム化比較第Ⅱ相試験 (山口大学消化器・腫瘍外科)
  8. StageⅢ結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6療法またはXELOX療法における5-FU系坑がん剤およびオキサリプラチンの指摘投与期間に対するランダム化第Ⅲ相比較臨床試験(JFMC47-1202-C3:がん集学的治療研究財団)

「専門医制度と連携したデータベース事業について」PDF