がんの早期診断・治療ほか高齢者疾患を中心に地域に根づいたふれあいの医療を目指しています。

産科医療保障制度加入機関

当院は妊婦の方に安心して出産していただけるよう、産科医療補償制度に加入しております。
この制度は、重度の脳性麻痺となった赤ちゃんが生まれた場合、一定の要件を満たしている場合には、所定の補償金をお支払いする制度です。
具体的な内容としては、「出生体重が2,000グラム以上かつ妊娠33週以上」または「妊娠28週以上で所定の要件に該当した場合」で出生した赤ちゃんに、身体障害者等級1級または2級相当の重度脳性麻痺が発症した場合が補償の対象となり、補償総額は一時金と分割金合わせて3千万円となります。
この制度は平成21年1月より実施されますが、当院で出産予定の全ての妊婦さんに対し、この制度の対象者となることを示す登録証を交付し、分娩費には全ての方に掛金分として3万円が加算されます。
この制度の実施に伴い、出産育児一時金も3万円(掛金相当額)引き上げられますので、実質的な産婦さんの負担は変わりません。
当制度に関し、ご不明な点がございましたら何なりと当院までお問い合わせ下さい。